【要約①】30代を無駄に生きるな/永松茂久 30代の人生のヒント

自己啓発
この記事は約7分で読めます。
0

どうも、ちょびブログのちょびです

今回紹介する本は「30代を無駄に生きるな」です。


人生は30代の10年間で9割決まると著者は言います

この本は、

本当にいまのままでいいのか?

年収、人間関係、立場、それらはそのままでいいと思っているのか?と悩んでいる人や

30代のうちにビジネスで結果を出したい人

20代後半にさしかかり、これから30代に向けて準備をしたい人にもおすすめです。


いままでは1冊の本を凝縮して1つの記事にしていましたが、

今回試験的に、4つ分の記事に小分けして毎日投稿します。


それではいきましょう!

スポンサーリンク

著者


永松茂久/株式会社人材育成JAPAN 代表取締役


「一流の人材を集めるのではなく、いまいる人間を一流にする」というコンセプトで

人材育成を行っている。


「人のあり方」を伝えるニューリーダーとして、多くの若者から圧倒的な支持を得ている。

スポンサーリンク

30代は人生の中で最も大切な年代


30代は大変だ。


独立企業するか、今の会社でいけるところまで目指すか

結婚するか、ずっと独身でいるか

家を買うか、買わないか

いまの人間関係のままでいるか、新しい世界に飛び出すか

安定したいまのままを維持するか、ある程度の犠牲を覚悟して挑戦するか。


30代はまさに「選択」と「決断」が問われる時期にある

人生は30代で9割決まる


仕事が本格化するのが30代。


転職、結婚、出産、家の購入など人生を左右する決断が多い30代。


変化の多い時期という言い方もできる30代。


その分、人間関係にも出会いや別れが多いのが30代。


だからこそ30代をどう生きるかで人生の9割が決まる。


だからこそ、捨てるものは惜しみなく捨てて、

先の人生に進む準備を整えなくてはいけないこの大切な時期に、

しっかりと自分と向き合うか、

それとも現実から目を逸らし、時代や周りに流されながら決断を先送りにして30代を惰性で過ごすか。


「30代をどう生きるか?」ということを考えることで

これからまだまだ続く人生の大筋を決定づける大事な時期に、

あなたの成すべきことはなんだろうか?

0

コメント