【プラグイン】過去記事をランダム表示

【プラグイン】の知識が必要

Advanced Random Posts Widget

ウィジェットで『ランダム記事』を設置できるようになります。『関連記事』『新着記事』のようなインターフェイスで表示されます。

訪問した人により多くの記事を見てもらい回遊率を高めたい場合や、人気記事・最新記事以外の記事にも注目を集めたい時などに活用すると便利です。

 

デメリット

なぜか他のウィジェットに覆いかぶさって表示されますので、必然的に最下部にしか設置する事ができません。アップデートで改善される可能性あり。

 

使用方法

ウィジェットで任意の場所に設置してください。全て英文表記です。僕は英語読めませんし、読む努力もしたくないグータラ野郎なので日本語翻訳した画像で説明していきます。

一般設定(General)

タイトル以外は特に重要項目無し。

 

投稿(Post)

 

【スティッキーポストを無視】チェックを入れると『先頭に固定表示した記事』を無視


【ショーへの投稿数】表示する記事の数


【オフセット】よく分かりませんが『ズラす』という事でしょう。特に設定する必要はありません

【ポストタイプ】『投稿・固定ページ・メディア・ランディングページ』から選択できます。基本的には『投稿』になります


【ポストステータス】無視

 

分類(Taxonomy)

【カテゴリーへの制限】チェックを入れたカテゴリー非表示

【タグに制限】チェックを入れたタグを非表示

【分類に制限】IDを指定して個別に非表示

 

サムネイル(Thumbnail)

【表示サムネイル】チェックを入れるとサムネイル画像表示

【サムネイルサイズ】サムネイル画像のサイズを選択

【カスタムサムネイルのサイズを使用します】チェックを入れれば『幅・高さ』を指定できます

【サムネイルアライメント】サムネイル画像を表示する位置を指定

 

エクストラ(Extras)

【ディスプレイの抜粋】チェックすると記事の抜粋を表示

【抜粋の長さ】記事から抜粋する文字数を指定

【表示日】チェックすると日付を表示

【表示更新日】チェックすると更新日を表示

【相対的な日付を使用してください】投稿日を基準に時間差を指定できるはずですが、チェックを入れても何も起こりません無視

 

カスタムCSS(Custom CSS)

CSSをカスタマイズできますが『functions.php』を設定しなおす必要があります。そこまで手をかけてまでいじる必要無し無視

 

ウィジェットの見た目