【要約②】副業力/染谷昌利 副業で成功する近道

ビジネス
この記事は約11分で読めます。
0

どうも、ちょびブログのちょびです

今回紹介する本は染谷昌利さんが書かれた「副業力」です。


以前にも染谷さんが書かれた書籍の「ブログ飯」を紹介しましたが

本書は2020年12月に出版されたばかりの最新刊です。


昨今のコロナ禍で人々の働く環境が大きく変わってしまいました

そんないまだからこそ、

この本は副業の大切さを訴えています。


自分の力でお金を稼ぐということ

それをいかに続けられるか、さらに良い状態を自分が作り出せるか

今回はそういったお話をしていきます。


それではいきましょう!

スポンサーリンク

著者


染谷昌利/株式会社MASH代表取締役


12年間の会社員時代からさまざまな副業に取り組み、

2009年にインターネット集客や収益化の専門家として独立。


ブログの運営とともに、オンラインサロンの運営、

書籍の執筆・監修、企業や地方自治体のインターネットマーケティングアドバイサー、

講演活動など様々な業務に取り組んでいる。

スポンサーリンク

成功への秘訣


なにかを成功へ導くために一番必要で一番難しいことは「継続すること」です。


モチベーションを維持するため、結果を出すために

継続させる秘訣を紹介していきます。

取捨選択をする


仕事を進めていく上で、たくさんの選択と決断があると思います

たとえば、今抱えている期限間近の仕事を進行している最中に、

他のお得意先から別の好条件の仕事が舞い込んできたりするかもしれません

それを受けてしまうと先約の案件の納期が遅れる可能性がある状況…


やりたい仕事と先約の仕事を

その場で天秤にかけて時間を無駄にしてしまってはいけません。


そんなときに即断即決できるように「自分ルール」をあらかじめ作っておいて

あなた自身の「OK・NG」の取捨選択の条件を決めておくのです。


そのルールに沿って行動することで、

判断を早めることができますし、

そのルールがあるおかげで断りづらさもなくなります。


そのあなたのルールを相手にも理解してもらえたら

「この人にはこういった条件の仕事を依頼すればいい」とわかってくれたりします

そうすると、あなたもわざわざ断る必要もなくなり

クライアントとも良好な関係を築きやすくなります。


なにより即断即決を鍛えることで、仕事の早い人になれます。

+1%の新しいこと

人間は99%を習慣で生きています。


朝起きる、顔を洗う、歯を磨く、SNSのチェック…

ランチを食べる、コーヒーを飲む、眠気と戦う…


毎日全く同じというわけではないですが

だいだいいつも同じようなルーティンの中で人は生活しています。


こんな話があります

毎日1%でも成長できている人と、

毎日1%怠けてしまう人がいたとします

その2人が日々を過ごすとどうなるでしょうか?


もちろん人の頑張りは定量的に数値化できるものではないでしょうが

毎日自分の限界を1%でも超えようとしながら行動している人

毎日なにかしらの言い訳をして1%の余力を残して生きている人とでは

たった1ヶ月で133:75の差ができてしまいます

2ヶ月では180:55という、3倍以上の差が生まれます。


毎日のほんの少しの差で日にちが経つと

とても大きなものになっていきます。

だから毎日、「今日より明日、明日より明後日」という気持ちで

いまの自分よりも1歩先の自分を目指してみてください。


時間はかかるかもしれませんが、

チャレンジし続けることで少しづつ確実に能力は向上していきます。

続けることが最短の近道


これは副業に限ったことではないですが、

結局のところ、続けるから最終的な結果を得られるのです。


頭では「継続することが大切」と理解していても

なかなか続かないですよね。


結果が出ないと悩んでいる人には

学習曲線と学習高原というものを知ってほしいです。


人の成長をグラフに表すと、右肩上がりに直線ではないのです。


緩やかなカーブを描きつつ、右上に階段状に高くなっていて

勉強してどんどん右肩上がりに伸びる時期の線を学習曲線と呼び、

ある一定位置に停滞する時期の横ばいの線を学習高原と呼びます。


いま結果が出ていない人は

学習高原にいる状態と言えるのです

でもずっとそこに留まるわけではなく

続けていると何かのきっかけで急に大きく成長することがあります

このとき、以前よりもさらに大きな学習曲線を描きやすいのが特徴です。


もしあなたがいま「続けているのに結果がでない」と悩んでいたら

それは次の大きな成長のための足踏みをしているのだと

だからいまここでしっかりとやれることを続けようと

今一度自分を奮い立たせてあげてください。

スポンサーリンク

さいごに


いかがだったでしょうか

実は本書を買ったのは、もともとこの本が気になっていたからではなく、

以前にあげたブログ飯の記事を染谷さんご本人からTwitterでシェアしていただいたことで

すごく嬉しくて、「染谷さんの本は他にもないか!!?」と調べたことがきっかけでした笑


そしたら最新刊でこんなに面白そうな内容のものがあるなんて…!


読んでみたらブログ飯の上位互換のような、現代版ブログ飯のような本で

心から「買って正解だった!」と思えた良書でした。


これからは自分の力でも稼げるようになっておかなくてはいけないというのも同感ですし

「知らないからできない」ではなく「知っているけどあえてやらない」という選択ができる。


この状態になれれば、人生はいかに自由なのかということを強く感じる本でした。

0

コメント