ちょびのプログラミング学習 Rails-2

テクノロジー
この記事は約9分で読めます。
0

どうも、ちょびブログのちょびです

今回はRailsの学習パート2になります。


前回は、Railsでアプリを開発できる環境を作って

Railsサーバーを起動するところまで進めました。


今回は「scaffold」というコマンドを使用して

簡単にアプリケーションの仕組みを作っていきます。


それではいきましょう!

スポンサーリンク

ちょびブログのPC


この記事通りにプログラミングをしても

PCによっては上手く動作しない可能性があるので注意してください。


参考までに、僕のPC環境を紹介しておきます。

ちょびブログのPCスペック

スポンサーリンク

ユーザー管理の機能を作る


今回は「scaffold」という

ユーザー管理の身の回りの仕組みを自動で構築してくれるコマンドを使用します。

管理機能のひな型を作る


僕は今回の学習をするまで、

このコマンドの存在を知らなかったので

初めて使った時は

「全部自動でやってくれるなんて、、、すげぇ」ってなりました笑


それではターミナルを起動しましょう

bin/rails g scaffold user name:string address:string age:integer

このようにコマンドを書いてenterを押すことで、いろんなファイルが作成されていきます

rails g scaffold を使用

表示される処理を見てみると

画面表示に必要な「index.html.erb」などのviewsファイル

userモデルのマイグレーションファイルの作成、ルーティングまでやってくれていますね。


scaffoldすごい!


先ほど作成されたマイグレーションファイルをマイグレートします

bin/rails db:migrate でマイグレーション

これで準備が整いました。

アプリケーションを起動する


では、アプリケーションを起動しましょう

「bin/rails s」でRailsサーバーを起動してlocalhostに接続します

bin/rails s で起動

http://localhont:3000

すると前回の記事のようにRailsのトップが表示されます

Railsのトップ画面

今回はここからさらにURLの後ろに追記をします

http://localhont:3000/users

すると画面が遷移してユーザー管理の画面が表示されます

ユーザー管理画面

「New User」をクリックしてみましょう

New User登録画面

ここではユーザーを登録することができます。


入力欄をてきとーに埋めて「Create User」してみましょう

てきとーに入力

すると、ユーザー作成成功というメッセージが表示されます

ユーザー登録完了の表示

それでは「Back」をクリックしてください。


これで一覧画面に戻ることができ、先ほど登録したユーザーが表示されているはずです

ユーザー管理画面に追加されている

これがscaffoldで自動で作成できるユーザー管理機能です

管理するために必要な機能である「作成」「読み込み」「更新」「削除」

これらの機能がたった一言のコマンドで作成できてしまいます。

スポンサーリンク

さいごに


今回はscaffoldベタ褒めな記事になってしまいました、、、が

「学習には便利な機能だけど、たぶんこれは現場のエンジニアは使わないんだろうな」と思いました。


便利なんですけど、ひな型として決まってしまっているので

他に応用しづらそうに感じました。


でもコードを自動的に構築してくれるので

学習用としてはとてもいいですね

なので次回はこのscaffoldで作ったコードの中身を見ていこうと思います。

0

コメント